ぼちぼちカメラのゆるゆる写真館

なんとなくカメラが好き。さして努力もしないけど、ときどきカメラをいじってるうちにぼちぼち上達していけばいいなぁ〜などと思っている、ゆる〜いカメラのブログです。

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ぼちゆる

profilephoto 
はじめまして。
ぼちゆる (♀)です。
変わったハンドルネームですが、お察しの通りタイトルから付けた 安直なハンドルネームです。(^^;;


昔からなんとな〜くカメラ好きだった私が、人生で一番最初に手にしたカメラは
父親が『壊れた』と使わなくなっていたフィルムカメラでした。

露出あわせの部分が壊れていましたが、それでもちゃんとピントを合わせて写すことができましたし、
小学高学年だった私は結構楽しんで使ってました。

それから30年余り、全自動のフィルムカメラ(当時『バカチョン・カメラ』と呼ばれてました)や、初期のデジタルカメラなど、
いろいろ私の中でも変遷がありましたが、2012年からとりあえず下記のカメラたちに落ち着いております。
(ちょっとずつ増えてますけど。。。)(^_^;)



あこがれのデジイチ。私が選んだのはLUMIX G3
大きさがちょうどよく、フラッシュ内蔵。連写スピードが速い、画像がよい、なにより
ファインダーを覗いて撮ることができるっ!
(ミラーレスだとファインダーがないデジイチが多いのです。。。ファインダーをのぞくことに慣れてるし、
最近老眼がすすみ、液晶画面だけでは支障が・・・・^_^; )



学研の『大人の化学』という本についていた付録のオモチャ二眼レフです。35mmフィルムカメラです。
本体もプラスチックなら、レンズもプラスチック。けれど侮ること勿れ、
これで結構味のある写真が撮れるのです。(*^。^*) かな〜り気に入ってます。



オモチャ二眼レフを手にして以来、二眼レフというものがとても気になり、
とうとうオークションで手に入れてしまった ローライコード掘,箸いζ鶸礇譽佞任后
60年ほど前のドイツのカメラですけど、まだまだ現役!中古だけにクセもあり、
撮影にはコツも要するし、なかなか使いこなせないのですけど、なが〜く愛していきたいと思える
愛しいカメラです。ブローニーという真四角のフィルムカメラです。


いまだ露出と絞りの関係も分からないし、アングルもダメダメで、
かといってシャカリキになって勉強するわけでなく、最近はやりの(?)カメラ女子のように
撮影さんぽや旅カメラなどできる環境にもないのですけど、機会を見つけて
ときどき楽しんでシャッターを切っているうちに、ぼちぼちと上達していけばいいな〜
なんて虫の良いことを願っている私です。(*^_^*)





このブログを始めて3、4カ月経ったころに新たに仲間入りした本格フィルムカメラ。
私にはもったいないほどの『NIKON F』というカメラです。
実は、亡くなった義父の形見のカメラ。縁あって20数年ぶりに我が家に
預けてあった義叔父のもとから返ってきました。
あまりに本格すぎて、使いこなせる自信がない。。。。カメラです。。。





ナノ一眼と呼ばれるデジタル一眼カメラ『PENTAX Q』です。
レンズ交換できる最小のカメラ。でも、小さいながら、レンズ交換していろいろ遊べます。
私の持っているのは標準レンズのほか、念願の魚眼レンズ、7センチまで寄れるトイレンズです。
老眼が少し入ってきたのでファインダーでの撮影は厳しいのですけど、頑張ってます。
面白いことに、魚眼レンズ・トイレンズは撮影するのにピント合わせが必要なんです♪
(2016年現在このカメラは次男へ長期貸し出し中・・・)





つい、オークションで落札してしまいました 『ローライB35』というカメラ。
私の持っている二眼レフ『ローライコード』を作ったドイツの会社?が
シンガポールで作らせたカメラとか?(いまひとつわかりません。。。。)
1969年ころから売り出されたらしいです。
露出計がカメラの上部についていて、そして、他のカメラと決定的に違うのは、
ピントが完全目視距離設定となってるところです。カメラと被写体の距離を自分で見当つけて
レンズの距離ダイヤルを調節してシャッターを押す。
だから、F値とシャッタースピードと距離ダイヤルの3か所を自分で決めるんです。
今までに手にしたことがない変わったカメラです。




上記のフィルムカメラ、ミラーレス一眼等持ちながら、今更ながらのコンパクトデジタルカメラ。
キャノンのPowerShot SX510HS というカメラです。
コンデジの良さはこの手軽さ?レンズ交換なしで30倍、また数僂龍瓩気任離泪ロ撮影、
そして、このカメラはジオラマやトイカメラ風が楽しめて、しかもWI−FI付きで便利。
もちろん、画質等は遠く一眼カメラには及ばないけど、身軽に遊びに行きたいときには出番が多いかも。
欲しそうにしていた私に主人からのプレゼント。(^^)




超安価なトイデジ(お遊びマクロ専用)を持っていたのですが、2016年に友人からデジタルハリネズミをプレゼント♪ 
この大きさ、手軽さ!トイデジのお遊び感がたまらない(≧∇≦)♪




2016年秋 ついに念願のデジタル一眼レフをGET!!
ミラーレス一眼を手にしたときに『もうこれ以上の性能のデジタルカメラは要らない』と思ったのに、
人間の欲は限りない。。。でも、この一眼レフに惚れてしまったわたし。。。
レンズはシグマの18−250を装着。ニコンの40mmマクロレンズも同時期にGET (∩。∩;)ゞ




とうとうポチッてしまった…フィルムカメラを愛する人たちの憧れの的 HASSELBLAD !!!
こんな未熟な私がもてるようなカメラではないのは重々知りながら・・・
それでも触りたい手にしたい撮ってみたいというあこがれが強すぎて。恐れ多いことです(>0<)
このカメラに恥ずかしくないように腕を磨かなくっちゃ!
レンズはいろいろ自分の好みを考慮したうえで Maklo Planar 120mm を選んで、装填しました (^^)




発売から4年も経ってこのカメラの存在を知り、以来恋焦がれてしまったフルサイズ一眼レフ。
結婚30年の自分へのご褒美に思い切って買っちゃった(≧∇≦)キャー♪
なにがいいって、私の愛してやまないNIKON Fを彷彿とさせるこの姿、
そしてオールドレンズを装填できるというすばらしい機能!
動画機能を排除した潔さ!
デジタルだけどフィルムカメラのように「撮る」を存分に楽しませてもらえるカメラ♪





7〜8年ぶりに我が家から発掘された『OLYMPUS IZM300』というフィルムカメラ。
前述の義父の形見の『NIKON F』は主人が生まれるとき、この『OLYMPUS IZM300』は
初孫が生まれるときに義父が購入したカメラです。まだまだ現役で働ける強者。
今のところあまり出番はないけれど・・・。

どのカメラも本当に大切な私の宝物♪


あとはケータイのカメラ。最近のケータイ電話のカメラもとても性能が良いですよね(^^)

▲top